PRODUCTION NOTE プロダクションノート

世界中の人々が知っている最強のキャラクター 想像力が豊かでちょっと生意気なビーグル犬と、ドジで気のいい楽観主義者の少年。スヌーピーとチャーリー・ブラウン、そしてふたりの友だち、ガミガミ屋のルーシーや、毛布を手放せないライナス、ピアノが得意なシュローダー……彼ら“ピーナッツ”の仲間たちの人気は、誕生して65年も経つというのに衰えることはまったくない。先ごろ、アメリカのABCでオンエアされた50年前のTVムービー『スヌーピーのメリークリスマス』(65)は若者を中心に高視聴率をあげ、その数字は人気番組『サバイバー』等のリアリティ番組を上回ったという。もちろん、ハリウッドにも大ファンはいる。『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』等のヒットメーカー、ポール・フェイグはファンが高じて本作ではプロデューサーとして参加。曲を提供した『アナと雪の女王』の作曲家クリストフ・べックも“ピーナッツ”への愛をはばからない。今回の新作の話を聞き、ハリウッドの才人たちがこぞって参加を希望したことからもわかるように、誰もが“ピーナッツ”の新作映画を心待ちにしていたのだ。

NEXT