CAST

Sally Hawkins サリー・ホーキンス(イライザ)

1976年、イギリス、ロンドン生まれ。イギリスの最も尊敬されている女優の一人。最初に国際的に認められたのは、マイク・リー監督の『ハッピー・ゴー・ラッキー』(08・未)で、ゴールデン・グローブ賞、ベルリン国際映画祭銀熊賞を始めとする数々の賞に輝く。その後、ウディ・アレン監督の『ブルージャスミン』(13)でも高い評価を受け、アカデミー賞®、英国アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされる。また、大ヒット作『パディントン』(14)のブラウン夫人役でも広く知られ、続編『パディントン2』(17)にも出演している。
その他の出演作は、マイク・リー監督の『人生は、時々晴れ』(02)と『ヴェラ・ドレイク』(04)、『レイヤー・ケーキ』(04)、『ウディ・アレンの夢と犯罪』(07)、『17歳の肖像』(09)、『わたしを離さないで』(10)、『僕と世界の方程式』(14)、『GODZILLA ゴジラ』(14)、TVシリーズ「ホロウ・クラウン/嘆きの王冠」(16)など。

Michael Shannon マイケル・シャノン(ストリックランド)

1974年、アメリカ、ケンタッキー州生まれ。サム・メンデス監督の『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』(08)と、トム・フォード監督の『ノクターナル・アニマルズ』(16)でアカデミー賞®にノミネートされる。
ザック・シュナイダー監督の『マン・オブ・スティール』(13)のゾッド将軍役で世界的に知られ、続編となる『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(16)でも同役を演じた。
その他の出演作は、マイケル・ベイ監督の『パール・ハーバー』(01)、キャメロン・クロウ監督の『バニラ・スカイ』(01)、カーティス・ハンソン監督の『8Mile』(02)、『ラビング 愛という名前のふたり』(16)など。
新作は、ベネディクト・カンバーバッチ共演の『The Current War』(17)、ヒラリー・スワンク共演の『What They Had』(18)など。

Richard Jenkins リチャード・ジェンキンス(ジャイルズ)

1947年、アメリカ、イリノイ州生まれ。80本以上の映画に出演している、ハリウッドでも最も人気の高い性格俳優の一人。『扉をたたく人』(07)でアカデミー賞®にノミネートされる。
その他の出演作は、『イーストウィックの魔女たち』(87)、『アメリカの災難』(96)、『メリーに首ったけ』(98)、『ランダム・ハーツ』(99)、『バーバー』(01)、『スタンドアップ』(05)、『バーン・アフター・リーディング』(08)、『俺たちステップ・ブラザース ―義兄弟―』(08未)、『食べて、祈って、恋をして』(10)、『キャビン』(12)、『アウトロー』(12)、『ジャッキー・コーガン』(12)、『ホワイトハウス・ダウン』(13)、『スポットライト 世紀のスクープ』(15)、『キングコング:髑髏島の巨神』(17)など。

Doug Jones ダグ・ジョーンズ(不思議な生きもの)

1960年、アメリカ、インディアナ州生まれ。ギレルモ・デル・トロ監督の大ヒット作『ヘルボーイ』(04)のエイブ・サピエン役でその名を知られる。続く、同監督の『パンズ・ラビリンス』(06)では、タイトルのパンとペイルマンという悪夢のキャラクターを演じて高く評価される。また、『ファンタスティック・フォー 銀河の危機』(07)でシルバー・サーファーに扮してファンと批評家から絶賛される。デル・トロ監督の『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』(08)で、再びエイブと二つのキャラクターを演じる。セルジュ・ゲンスブールの伝記『ゲンスブールと女たち』(10)では、ゲンスブールの暗い分身を演じる。その後、デル・トロ監督のTVシリーズ「ストレイン」(14~16)や「スター・トレック:ディスカバリー」(17~18)などに出演。

Michael Stuhlbarg マイケル・スタールバーグ(ホフステトラー博士)

1968年、アメリカ、カリフォルニア州生まれ。マーティン・マクドナーの舞台「ピローマン」でトニー賞にノミネートされるなど、主に演劇やTVシリーズで注目される。ジョエル&イーサン・コーエン監督の『シリアスマン』(09)でゴールデン・グローブ賞にノミネートされ、映画俳優としても高く評価される。
その他の出演作は、マーティン・スコセッシ監督の『ヒューゴの不思議な発明』(11)、スティーヴン・スピルバーグ監督の『リンカーン』(12)、ウディ・アレン監督の『ブルージャスミン』(13)、ダニー・ボイル監督の『スティーヴ・ジョブズ』(15)、『女神の見えざる手』(16)、『ドクター・ストレンジ』(16)、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の『メッセージ』(16)など。新作は、スピルバーグ監督の『The Post』(17)。

Octavia Spencer オクタヴィア・スペンサー(ゼルダ)

1970年、アメリカ、アラバマ州生まれ。今、ハリウッドで最も人気を集めるベテランの演技派女優。『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』(11)で絶賛され、アカデミー賞®、英国アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞、放送映画批評家協会賞など数々の賞を受賞する。さらに『ドリーム』(16)でもアカデミー賞®にノミネートされる。
その他の出演作は、『スパイダーマン』(02)、『7つの贈り物』(08)、『ハロウィンII』(09)、『フルートベール駅で』(13)、『スノーピアサー』(13)、『ジェームス・ブラウン ~最高の魂(ソウル)を持つ男~』(14)、『パパが遺した物語』(15)、『ダイバージェントNEO』(15)と『FINAL』(16)、声の出演のアニメ映画、『ズートピア』(16)、マーク・ウェブ監督の『gifted/ギフテッド』(17)など。

  • Sally Hawkins サリー・ホーキンス(イライザ)

  • Michael Shannon マイケル・シャノン(ストリックランド)

  • Richard Jenkins リチャード・ジェンキンス(ジャイルズ)

  • Doug Jones ダグ・ジョーンズ(不思議な生きもの)

  • Michael Stuhlbarg マイケル・スタールバーグ(ホフステトラー博士)

  • Octavia Spencer オクタヴィア・スペンサー(ゼルダ)