LOADING

STAFF

  • タイカ・ワイティティ 監督・脚本・アドルフ
  • カーシュー・ニール, p.g.a. 製作
  • チェルシー・ウィンスタンリー 製作
  • クリスティン・ルーネンズ 原作
  • ミハイ・マライメア・Jr 撮影監督
  • ラ・ヴィンセント 美術
  • トム・イーグルス 編集
  • マイケル・ジアッチーノ 音楽
  • マイエス・C・ルベオ 衣装
  • ダニエル・サザーリー メイキャップ&ヘア
  • ジェイソン・チェン ヴィジュアル・エフェクト

タイカ・ワイティティ 監督・脚本・アドルフ

1975年、ニュージーランド、ウェリントン生まれ。批評家からも絶賛された超大作『マイティ・ソー バトルロイヤル』(17)を手掛け、全世界で8億5000万ドル以上の興行収入をもたらし、今やニュージーランドの国宝的存在となる。最初に注目されたのは、アカデミー賞®にノミネートされた、短編映画『Two Cars, One Night』(04)。その後、ジェマイン・クレメントと共同監督・主演・脚本・製作を務めた『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』(14)と、続く『ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル』(16・未)が各国の映画祭で人気を博し、数々の賞を受賞する。新作では、『スター・ウォーズ』の世界を舞台としたTVシリーズ「The Mandalorian」(19)の1エピソードの監督を務め、『マイティ・ソー』シリーズの4作目となる『Thor: Love and Thunder』(21)も手掛ける。

カーシュー・ニール, p.g.a. 製作

1979年、ニュージーランド、ネルソン生まれ。タイカ・ワイティティと共にユニークでクリエイティブな物語を送り出す製作会社ピキ・フィルムズを運営する。サンダンス映画祭で上映されたドキュメンタリー『くすぐり』(16・未)、『ピートと秘密の友達』(16)、ワイティティ監督の『ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル』(16・未)、『ザ・ブレイカー・アッパラーズ〜別れさせ屋の私たち〜』(18・未)などを手掛ける。

チェルシー・ウィンスタンリー 製作

タイカ・ワイティティとジェマイン・クレメントが共同監督した『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』(14)で製作を務める。ドキュメンタリー映画『Merata: How Mum Decolonised the Screen』 (18・未)を手掛け、サンダンス映画祭、ベルリン国際映画祭で絶賛される。監督としても活動し、オムニバス映画『Waru』(17)に参加した他、3本の短編映画を監督している。

クリスティン・ルーネンズ 原作

アメリカ、コネチカット州生まれ。20か国以上の言語で翻訳されている3つの小説の著者。本作の原作である「Caging Skies」は22か国で翻訳された国際的ベストセラーで、フランスでは高名な文学賞であるPrix Médicis étranger と Prix du roman Fnacにノミネートされた。人生の大半をヨーロッパで過ごし、英米文学と言語学の修士号をハーバード大学で取得する。かつてはモデルとして、ジバンシー、パコ・ラバンヌ、ニナ・リッチなどの顔を務めていた。現在はニュージーランド在住。

ミハイ・マライメア・Jr 撮影監督

1975年、ルーマニア、ブカレスト生まれ。フランシス・フォード・コッポラ監督の『コッポラの胡蝶の夢』(07)で、インディペンデント・スピリット賞にノミネートされる。ポール・トーマス・アンダーソン監督の『ザ・マスター』(12)では、全米映画批評家協会賞を受賞する。主な作品に、コッポラ監督の『テトロ 過去を殺した男』(09)と『Virginia/ヴァージニア』(11)、『誘拐の掟』(14)、『クリミナル・タウン』(17)、『ヘイト・ユー・ギブ』(18・未)などがある。

ラ・ヴィンセント 美術

タイカ・ワイティティ監督作品では、『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』(14)、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(17)を手掛ける。ニュージーランド在住で、ワールドワイドに活躍する美術監督。2013年に『ホビット 思いがけない冒険』でアカデミー賞®にノミネートされ、彼の作品はアカデミーライブラリーに収められた。その仕事はコンセプチャル・アートからプロジェクト・マネージメント、セット・デザイン、セット装飾まで多岐にわたる。

トム・イーグルス 編集

タイカ・ワイティティ監督と長年の協力関係にあり、『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』(14) 、サンダンス映画祭で大評判となり、ニュージーランドの歴代興行記録を樹立し、エンパイア誌の2016年Best Movieの一つに挙げられた『ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル』(16・未)などを手掛ける。他の作品に、サム・ライミ監督のTVシリーズ「死霊のはらわた リターンズ」(15~16)などがある。新作は、クロエ・グレース・モレッツ主演の『Shadow in the Cloud』。

マイケル・ジアッチーノ 音楽

1967年、アメリカ、ニュージャージー州生まれ。『レミーのおいしいレストラン』(07)でアカデミー賞®にノミネートされ、『カールじいさんの空飛ぶ家』(09)でアカデミー賞®、ゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞、グラミー賞を受賞する。他の作品に、『Mr.インクレディブル』(04)、『ジュラシック・ワールド』(15)、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(16)、『リメンバー・ミー』(17)、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(19)などがある。

マイエス・C・ルベオ 衣装

1962年、メキシコシティ生まれ。タイカ・ワイティティ監督とは『マイティ・ソー バトルロイヤル』(17)に続くタッグとなる。『アポカリプト』(06)、『アバター』(09)、『ジョン・カーター』(12)、『ワールド・ウォーZ』(13)、『グレートウォール』(16)、『ウォークラフト』(16)などを手掛ける。20年にわたるキャリアの中で、メル・ギブソンやチャン・イーモウといった著名監督、ケイト・ブランシェット、ブラッド・ピットといった映画スターと仕事をしている。

ダニエル・サザーリー メイキャップ&ヘア

ニュージーランド生まれ。ピーター・ジャクソン監督の『ホビット』三部作(12/13/14)でキャリアをスタートし、数多くのニュージーランド作品を手掛ける。タイカ・ワイティティ監督作品では、『BOY』(10)から始まり、『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』(14)、『ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル』(16・未)にも携わる。他の作品に、マイケル・ファスベンダー主演の『スロウ・ウェスト』(15)、『ジョン・デロリアン』(18)などがある。

ジェイソン・チェン ヴィジュアル・エフェクト

17歳の時、『アバター』(09)でキャリアをスタートする。ジェームズ・キャメロン、ピーター・ジャクソン、スティーヴン・スピルバーグ、J・J・エイブラムスなど最高の才能と仕事をしてきた。タイカ・ワイティティ監督とは、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(17)に続くタッグとなる。主な作品に、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(13)、『アメイジング・スパイダーマン2』(14)、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)、『バンブルビー』(18)などがある。
CLOSE
  • 日本版予告
  • 特報