about Billie Jean King

ビリー・ジーン・キングとは?

ビリー・ジーン・キング・イニシアティブの創設者で、ワールド・チーム・テニスの共同創設者。長きにわたり、社会変革と平等を求めて戦っている。
1943年11月22日、アメリカ、カリフォルニア州、ロングビーチ生まれ。11歳からテニスを始めた。
ウィンブルドンでは、1961年に女子ダブルスで優勝したのを皮切りに、最多記録である20回の優勝を誇る。さらに、四大大会のシングルス、ダブルス、混合ダブルスを合わせて39回制した。

1973年9月20日、「バトル・オブ・ザ・セクシーズ(性差を超えた戦い)」と呼ばれた試合でボビー・リッグスを破り、女性たちを勇気付け、男性たちに学びを与えた。この試合は社会に影響を与え、女性解放運動に寄与したことから、人々の記憶に残るものとなる。
1974年、革命的なプロテニスリーグであるワールド・チーム・テニス(WTT)を共同設立。現在43シーズン目を迎えている。同年、女性スポーツ財団を創設、スポーツや身体的活動を通じて少女や女性の生活を進歩させることを使命とする。2006年、全米オープンの大会会場がUSTA・ビリー・ジーン・キング・ナショナルテニスセンターと改名された。2014年、ビリー・ジーン・リーダーシップ・イニシアティブを開始。2014年2月、オバマ大統領より、ロシア、ソチ冬季五輪の政府代表団に任命された。
行政の援助が行き届かない人々への支援を生涯の使命とし、HIV感染者へのプログラムと財政的支援を、エルトン・ジョン・エイズ基金(EJAF)と共に行っている。
タイム社による「20世紀における最も重要なアメリカ人100人」に名を連ねる。2009年、大統領自由勲章をオバマ大統領より授与された。